キャッシングの総量規制ってなに?

総量規制対象外という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。これは銀行カードローンを指す言葉で年収による借り入れ制限の影響を受けないサービスのことをいいます。総量規制というのは2010年に改正された貸金業法によるもので、アコムやアイフルといったキャッシング会社を対象としているものです。年収の1/3までしか借り入れできないため、所得が150万円の場合は限度額が50万円ということになります。このような制度によって専業主婦や無職の方は借り入れ不可となったことやパートやアルバイトで働く方は少額の融資しか認められないということになったのです。その一方で銀行でキャッシングする場合は、総量規制の影響を受けません。いくらでも借りられるというわけではありませんが、専業主婦でも利用可能となっていますし、最近では銀行カードローンも即日融資に対応しているため利便性の高いものとなっています。借り入れ制限を頭に入れながらキャッシングすると審査通過率が上がるので、借り入れを考えている方は年収の1/3に借り入れ希望額を調整してみてくださいね。

総量規制対象外のキャッシングサービスとは

総量規制の法律が制定されてからは、大手消費者金融からまとまったお金を借りることは非常に難しくなってしまいました。総量規制は申込者本人の借入額を制限する法律であり、具体的には年収の3分の1を超える借入が不可能となったのです。しかし総量規制の対象となっているキャッシングサービスは主に消費者金融などのキャッシングサービスであり、インターネット銀行などが取り扱っているフリーキャッシングやカードローンは総量規制対象外となっています。そのため、専業主婦が借入をしたい場合やアルバイトやパートをしている人がまとまったお金を借りたいという場合には、消費者金融から借り入れをするのではなく、銀行のカードローンなどを利用するのがおすすめとなります。

例えば楽天銀行カードローンは専業主婦でも申込可能と正式に広告していますし、レイクのカードローンであれば専用アプリを利用することで手軽に申込や契約・借り入れを行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *